2012年03月15日

被災地でがれき処理説明会=23自治体が参加―環境省一段といいんです??

今度も良いはなしをサラッといってみましょう。
ちょこっと気がかりんです。
ヘッドラインをとり上げて比べてむると・・・

☆★☆

被災地でがれき処理説明会=23自治体が参加―環境省
時事通信 3月15日(木)18時57分配信

環境省は15日、東日本大震災で発生したがれきを被災地以外で受け入れる広域処理を進めるため、宮城県女川町で全国の自治体向け説明会を開催した。被災地での説明会は昨年11月の岩手県宮古市に続き2回目で、23自治体が参加した。

参加者は、がれきが積まれた町内の仮置き場を視察。がれきの選別や搬出、放射線量の測定など処理手順について説明を受けた。その後、意見交換が行われ、女川町のがれきを受け入れている東京都から、受け入れに理解を求めるため都内で開いた住民説明会について報告が行われた。

【関連記事】

【動画】東日本大震災から1年、復旧作業が続く被災地

【特集】日赤職員、初動の記録

〔写真特集〕東日本大震災 100枚の記録

〔写真特集〕津波、その瞬間

【特集】東日本大震災〜あれから1年〜

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120315-00000142-jij-pol

★☆★

明後日も、其の続き物なんてどう・・・・・
今度、時々適当にお付き合いしてください。
グラッチェ!


政権の先行きが思わしくない中、先のみとうしが全く見えてこないようです。社会不安の表れか、ここのところクレジットカードのクレカ現金化など、また現金化当日などの単語でのネット検索回数が増えています。キャッシング枠を使ってしまった方が多くなっているのでしょうか?その様な中で、カードのクレカショッピング枠現金化というように様々に変化してきています。急な借入れが必要になってカードの当日ショッピング枠を検討している方も最近増えているようです。その際、個人情報の漏えいや、悪質な金融業者のトラブル等どうなんだろう?不安は様々出てきます。クレカ現金化を検討する場合も同じかもしれません。心配であれば、都道府県の公安委員会許可店であれば、個人情報保護法対策も万全ではないでしょうか。なお、忙しくて店に行く時間がない場合や宮城県クレカ現金化が気になる人などは?この点、来店不要でネットでの申し込みで、即日20分以内の振込も可能というところがほとんどです。初回の取引ではいろいろ考えますし、クレカ現金化など、また福井県クレカ現金化を検討するときも業者選びの目安になります。
今日のけいこ
今日の収穫
今日の学識
posted by ヒロ at 21:03| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。